北九州市戸畑区で苦しくない内視鏡検査をしています

北九州市戸畑区|苦しくない内視鏡検査

下剤がかなり多いと聞きましたが・・・

多くの施設では2リッターの下剤を使用しますが、 この量は自分が実験の被験者 (自分が実際に患者さんとなって下剤を飲んでみること) になってみるとわかりますが、ホントに苦しいです。

自分は2リットルは飲めずに1.8リットル以上飲めませんでした。 自分のポリシーとして自分に出来ないことを他人に要求しない・・・ということはたいへん大きな要因です。

そこで自分で工夫した独自の方法で(学会でも発表しいくつかの施設で取り入れらました。現在もしているかは わかりませんが・・) 下剤を1リットルにすることに成功しました。

1リットルの下剤を飲めなかった方は今までにおられなかったので、この1リットルの下剤の前処置方法は好評です。

当院の下剤の特徴となりますが、自分で考案した前日の低残渣食(便があまりできなように繊維がすくない食事です。有料です。)を併用して下剤を二種類同時に併用することで二リットルが一般的だった大腸内視鏡検査の前処置を一リットルに減じることができました。

今まで一リットルの下剤を飲めなかった方はおられません。

また当院に事情でご自宅で下剤を飲んでもらう方法をとっていますので

あまり気兼ねなく何度もトイレに行くことができると思います。

病院によっては来院してそのまま下剤を飲んでもらうところも多いようですが、当クリニックは狭いので来院したまま下剤を飲んでもらうことが不可能なので自宅で飲んでもらっております。

投稿日:

Copyright© 北九州市戸畑区|苦しくない内視鏡検査 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.