北九州市戸畑区で苦しくない内視鏡検査をしています

北九州市戸畑区|苦しくない内視鏡検査

ピロリ感染胃炎の保険治療ができるようになりました

ついに、 ヘリコバクターピロリ感染胃炎の保険治療ができるようになりました。 ヘリコバクターピロリ感染が胃癌の大きな原因であるのは医学的に証明されましたので、当然の結果ともいえます。

胃癌になってからいろいろな治療をすると費用が相当にかかります。 それより胃癌にならないように少し費用を先に投じるのは賢い方法だと自分も思います。

内容はヘリコバクターピロリに感染している方で、胃カメラ(胃内視鏡検査)をしてヘリコバクターピロリに感染して胃炎がある方・・・という事になっています。

実際には胃炎がはっきり肉眼でわからなくても、組織学的(顕微鏡で確認する方法)にヘリコバクターピロリによる胃炎とわかれば良いと思われますが、 細かい内容はあとでいろいろとわかったり、規制がかかったりすることがありますので今後の公表をまたないとわからない時があります。

注意点があります。 ヘリコバクターピロリの除菌で胃癌が少なくなることは間違いありませんが・・・・完全に胃癌が発生しなくなるわけではありません。
ピロリ菌が一度でもいた場合は、胃癌の発生の危険性はある程度ある・・・のは間違いないのです。

 

ピロリ菌が消えたら胃の検査をしなくてよい・・・と勘違いしている方が時折おられますが、そんな事はありません。 この点は極めて重要ですので医師が言わなくてもよく理解しておく必要があります。

もう一点あります。 ピロリ菌の除菌が成功すると胃の粘膜が若がえります。 そのために胃酸がたくさん出るようになります。 すると自分も経験しましたが、イライラした時に胃痛が起きたり、 胸焼けが以前良り多くなってかえって不快が起きやすくなる・・・という事があり得ます。

 

この点は十分理解して納得してヘリコバクターピロリ菌の除菌を行う必要があります。

自由診療でピロリ菌の治療をした方がよい方もたまにおられます。

katatumuri--rabit

更新日:

Copyright© 北九州市戸畑区|苦しくない内視鏡検査 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.